院長の診察日記

  • 院長の診察日記
  • HOME  >  

2016.6.15.wed
交通事故後、きちんと睡眠はとれていますか?

〜事故後の睡眠障害について〜

交通事故によって首周りの筋肉が張っている、もしくは首がゆがんだままにしていると、自律神経に異常をきたしてしまいます。
自律神経が乱れていると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れスムーズな入眠ができなくなります。
交感神経が高ぶり、身体の各機能にアクセルをかけてしまっているのです。

夜自然に眠れないとなると、適切な睡眠時間が確保できなくなります。
これは「眠れない」というストレスだけでなく日中の生活にも影響を及ぼし、急に眠くなる、仕事に集中できないといったトラブルをも引き起こします。
特に車や自転車の運転中に集中力を欠いてしまうと、大変なことにつながることも…。

このような興奮状態は、イライラを伴います。些細なことで感情が高ぶることがあります。
動悸がしたりへんな汗をかくこともあります。交感神経の高ぶりは、睡眠を邪魔するだけでなくさらに患者さんを苦しめるのです。

このような状態が続くと、こころや身体はいつしか疲弊し、ぐったりとふさぎこむ状態につながるかもしれません。
まるで長期間ストレス下に置かれ緊張しきった方が、うつ症状を呈するかのようなイメージです。
夜はゆっくりと眠り、疲れを翌日に持ち越さないことが重要です。

それでなくても事故当時のことを思い出すといやな気分になるものです。
さらに自律神経の乱れによって睡眠の質や時間が低下し、日中の生活にも大きな影響を受けてしまうとなると、いち早くその状況を解消しなければなりません。

首周りには重要な神経が集中して存在しています。
外的に神経の高ぶりを抑制するためには、事故により発生した筋肉の張りをほぐすことが大切です。
健康な方であっても、肩や背中のコリで頭痛や吐き気、めまいなどの症状を感じるのは多いことです。
それほど、この部分はデリケートなのです。
まずはこの首周りの緊張をほぐし、心身両面で開放され睡眠障害を解消することを目指しましょう。

思い出してみてください。健康な時にリラクゼーション用マッサージで身体と心がほぐれその日は良く眠れたという経験をしたことはありませんか。

睡眠は身体の様々な機能(脳・免疫力)を維持するために、そして心の健康を維持するためにとても重要な要素です。
事故でこの睡眠が障害され、日中の生活にまで影響が及んでいるようならば、交通事故の症例をよく知る私たちの出番です。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:交通事故

2016.6.8.wed
後遺症があるのに、交通事故後の治療で「症状固定」と判断されたら?

交通事故につきものの、あまりありがたくはない「後遺症」。
事故からある程度の期間が過ぎ、いわゆる急性期が過ぎても後遺症が残り続けることを「症状固定」と呼びます。

治療を続けてもこれ以上は改善の見込みがないこの症状固定は、事故前の健康状態には戻れないことを指しています。
患者さまにとって、これはとても辛いことです。というのも、身体が元に戻らないうえ、その後の治療費は自己負担となってしまうからです。

それでもあきらめないでください。
症状固定後に残る後遺障害は、等級認定後、「後遺障害慰謝料」「介護料」「遺失利益」などを加味したお金を受け取れることがあります。

これには、弁護士に依頼し、その知識を駆使して保険会社と掛け合ってもらうことが重要です。
等級により受け取る損害賠償額は変わってきます。保険会社への対応に慣れた法の専門家についてもらわなければ、どのように交渉したらよいのかよく分からないと思います。

こながや整骨院では、これら法に通じた専門家とのネットワークを持っています。
ご不安なときには是非声をおかけください。
必要であればこのような人たちの力を借りながら、患者さまがその後の生活を不安なく送れるよう一緒に考えるための体制を整えています。

一旦治療は終わったという位置づけの症状固定(等級認定)後に、どのような治療を行えば患者さまが辛くない日常を送れるのか、身体のサポートの面でのお手伝いをしているのが私たちこながや整骨院です。

残った神経障害や機能障害を少なくとも悪化させない、可能な限り少しずつでも改善したい。
このため、こながや整骨院では、患者さまの感じる不調や痛みについてじっくりお話を伺います。
カウンセリングによって辛さの原因が突き止められれば、患者さまに無理をさせない治療の配分・スケジュールを決めていきます。

等級認定(症状固定)を迎える前にお越しいただけるとベストです。
損害賠償額は等級により定められます。
症状固定後、患者さまが自己負担で受ける治療の“原資”となる損害賠償額が不利な状況で決定されてからではそれを覆すことはできません。

患者さまの思いは、「できることなら事故前の状態に戻りたい」「全快はあきらめなくてはならないことはわかっていても、日々の生活をできるだけふつうに送りたい」ということではないでしょうか。このお気持ちに寄り添うため、治療でのサポートと、必要であれば法の専門家のネットワークでのサポートとでお手伝いをいたします。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:交通事故

2016.5.31.tue
ムチウチに特化した当院の施術

当院に来院される交通事故患者さんのほとんどはムチウチの症状で来院されます。

特に当院はムチウチの施術経験は豊富ですので、整形外科や他の治療院に通院したもののあまり良くならないという患者さんも多く来院されます。
当院のムチウチ治療の特徴は何と言っても個人個人の症状に合わせた施術を行うということです。

私を含めスタッフも交通事故に遭った経験がありますので、その辛さもよくわかっていますし、経験談もよくお聞きしておりますので、個人個人のその時の症状に応じた最適な施術を選択することができます。
単純に頚部の筋肉の緊張が原因であるのか、事故の衝撃で頸椎に歪みや障害が生じてしまったものなのか、自律神経系が失調してしまっているものなのか、原因が違えば施術内容も当然違うものです。
原因、症状によって通院期間も多少前後しますが、つらい状態は2~3週間の通院で改善がみこめると思います。

その後、天候や仕事のストレスなどで痛みが少し戻ることもありますが、おおよそ2カ月でほとんど生活には支障が無い程度に回復される場合がほとんどです。
ですから、自賠責保険の治療期間の目安である3カ月までにはほとんどの場合、満足して卒業していただけると思います。
しかしながら、症状があまり変わらないような場合は、MRIのある整形外科を紹介したり、場合によっては後遺症認定に向けたお話をさせていただいたりということもあります。(交通事故に詳しい弁護士や行政書士、を紹介することもできます)
交通事故の治療が終わった後も通院していただいている患者様もたくさんいらっしゃいますし、友人や同僚をご紹介いただくというケースもあります。

ムチウチをはじめ交通事故での怪我を治すことはもちろん、その後のケアまで安心して通っていただけると思いますので、ぜひご連絡をお待ちしています。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:むちうち, 交通事故

2016.5.28.sat
五十肩は痛みが無くなっても完治とは言いません

中年女性に多い五十肩(四十肩も同じです)、原因は不明と言われていますが、私の経験上ではいくつかの原因があるように思います。

いくつか挙げてみると

1. 更年期障害
ホルモンバランスの崩れや代謝不全によって関節包に炎症や癒着が起こり痛みを引き起こす

 2. 腱板損傷に続発するもの
急な動作や普段動かさない動きや、加齢によって弱くなった筋肉を使うことによって腱板(インナーマッスル)という細かい筋肉を痛め、動かすと痛いので動かさないでいる為に起こる

3.石灰沈着による炎症
関節内に出血が起こりカルシウム成分が沈着して動かすと石灰化した部分が当たるので痛む

4.筋膜の癒着
首や腕などの筋肉が硬結したり、筋肉と筋膜の摩擦や癒着が起こり肩に悪影響が起こる

などが考えられます。
これらの原因を鑑別せずに治療しようとしてもなかなか良くならない為、「自然に治るまで待つ」という選択をせざるを得ない方も多いのではないでしょうか?
【2】と【4】の場合は当院でも施術することができます。

また、症状もいくつかの段階に分けられ、その状態によって施術内容を変えていかなくてはなりません。

1.何をしても痛い(安静時痛)
初期で炎症症状が強く少しの刺激でも激痛が起こる為、痛み止めの注射、消炎鎮痛剤でなどで対処し、特に積極的な施術は行わない方が良いと思います。

2.夜間痛がある
就寝時や寝返り時など、うずくような痛みがあり熟睡できないような場合は痛みをブロックするハイボルト治療や強めの超音波治療などを行い、寝姿勢の工夫などで対処できます。

3.夜間痛はないが動作時痛がある
どのような動きで痛みが出るかや硬結の具合で必要なマッサージやストレッチなどを行うことができます。

4.痛みはあまりないが可動域制限(動作制限)が残る
筋肉・筋膜や関節包の癒着や拘縮によって動きに制限が残っている場合はPNFストレッチや筋膜リリースを行うことで可動域や動きの回復を促すことができます。

五十肩は男性より女性の方が多いと言われていますが、必ずしも女性ばかりとは限りません。男性もゴルフやバレーなどで肩を少し痛めたのをきっかけにだんだん痛みが強くなり動かせない、動かないという状態になってしまう方もいます。
また、片方の肩だけでなく、しばらくしてから反対の肩も痛みが出やすい両側性の傾向もあるようです。
「自然に治るまで待つ」という方も多いですが、それだと痛みが無くなっても動きが完全に戻らないとか違和感が残ってしまうという方も少なくはありません。

当院では確実に元の動きまで回復させることができます。
また、何もしないよりは早く痛みを減少させることができます。
あきらめる前にぜひ一度、ご連絡ください。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:五十肩

2016.5.25.wed
整骨院は、交通事故で入院した後のリハビリとしての通院することが可能です

事故後、骨折の治療などで入院しケガの治療に専念した経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
長期の入院後、元の生活にスムーズに戻れたというケースはあまりないはずです。
今現在入院されている方はいかがでしょうか。
通学や通勤、家事にいつもどおり励むことが想像できない、と思われているかもしれません。

人間の体というもの、動かさない部分から“退化する”ともいわれています。
筋肉が落ちたり、間接の可動域が狭まったりなど、安静には思わぬトラブルもついてきます。
このような状況は、事故がなければ起こらなかったこと。つまり、事故後の治療に含まれるべきものです。

入院している病院がリハビリテーション科を設けているのであれば、そこでのリハビリを受けるのもひとつの方法です。
もしもリハビリテーション科がなければ、そのときは整骨院の出番です。
手術やギプス固定で外科的には治っていても、日常の生活にはまた不便が残ったり、痛みが残ったりということもよくあることです。
当院にも手術後のリハビリ(骨折の拘縮後療)でいらっしゃる方は珍しくありません。
本来の機能、動きまで回復させてこそ治癒であると思います。

ご自宅や職場に近い整骨院を見つけてください。
日常生活圏内にある整骨院であれば、無理なく通うことができます。
整骨院の強みは、民間資格のマッサージ店とは違い、事故後の治療として認められるのです。
費用面でも心配なく通うことのできる整骨院を、あなたの退院後の生活をサポート役としてしっかりと吟味してください。
交通事故の患者さまを数多くお世話したことのある整骨院の中から、通う先を選ぶことも重要です。

そして、手技によるリハビリのみならず、生活の中で行えるリハビリ(ストレッチなど)を指導してくれるかどうかも選択のための材料です。
交通事故治療を看板に掲げる私たちこながや整骨院では、患者さま一人ひとりに合った施術・ストレッチのアドバイスを得意としています。
また、県庁・市役所前バス停から徒歩3分の場所にあり、アクセスの良さもあります。
診察時間も、平日は9時から13時、15時~19時半までと、通院しやすい時間帯をカバーしています。
お仕事帰りやお昼休みにもお待たせすることのないよう予約を取ることもできます。

退院は、あと一歩で元の生活に戻れるというタイミング。
この時期を丁寧に過ごすことが、患者さまの後の生活を快適にするための決め手です。
いち早く、元通りの暮らしに復帰して頂くためのお手伝いをさせてください。
もしも保険会社が難色を示すようでしたら、そのこともお聞かせください。
患者さまの心身をともに軽くするためでしたら、精一杯のことをいたします。
患者さまが笑顔で毎日を過ごせるようになることが、私たちの願いなのです。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:交通事故

2016.5.18.wed
交通事故後は自覚症状がなくても病院へ!

転倒といった自己責任の事故のときも「あれ?今何があったのだろう?」と瞬時の記憶がたどれないこと、そのときの痛みを覚えていないことがあります。
不意に襲われる交通事故の場合、「そのときのことを覚えてない」、「そのときは何も感じない」という現象が当たり前のように起こります。
これは、脳が「しっかりしなければ」と異常に興奮した状態にあり、身体を守る為に筋肉が「筋性防御」と呼ばれる防御反応を起こしているために起こることです。

痛みを極力抑えるための自然な力とはいえ、これに惑わされてはいけません。
後に痛みが襲ってくることもよくあることなのです。

気がつけば骨折、そのときは気づかなかった脳内の出血……。
表からは観察できないリスクを、交通事故は隠し持っているのです。

もしも頭部を激しくゆすられたり、打撲したりしたのであれば、事故現場から即座に救急車を呼んでください。
そして、病院で事故の状況を説明し、必要な診察を受けましょう。

むちうちもまた、事故後時間を置いてじわりと現れる症状のひとつです。
むちのように上半身がしなり、急激な体勢変化が起こることで「頚椎捻挫」(いわゆるむちうち)が生じます。
筋肉や靭帯が損傷したり、ひどいコリを呈したりし、血管や神経を圧迫することで頭痛・めまい・吐き気、ときにはうつ症状を引き起こすこともあります。重症の場合、めまいや耳鳴りが“一生モノの後遺症”となるケースもあります。

「交通事故の示談は慎重に」、といわれる理由がここにあります。

そのときは何ともなかったから…。
早く事務的手続を終わらせたかったから…。

そんな理由で、辛い状況を受け入れる必要はありません。
後に後遺症で悩むことがないよう、「事故直後はどんなに急いでいても必ず病院へ」。それが、満足のいく治療には欠かせないことなのです。
先に触れたとおり、事故直後に自覚症状がないことは至って当たり前のことです。
自分の体の感覚に判断をゆだねず、事故後の対応は王道を行きましょう。
何があろうと、必ず病院で診断を受けるべきです。
このときの判断ミスが、後に患者さまの生活を大きく狂わせることもありうる話なのです。

後に患者さまが泣いて暮らすようなことは、わたしたちは望みません。
大手を振って治療に専念できる環境を自ら整えてさえくだされば、精一杯の治療で、元の生活に戻れる応援をさせて頂きたいと願っています。
そのためにも、必ず病院での診察を受けておいていただきたいのです。
また、いろんなお医者様がいますので、ご連絡いただければ後々もあなたの味方になってくれる信頼できるドクターを紹介することもできます。 

治療環境を確保するのは、患者さまご本人で行っていただくことです。
もちろん、他の方の事故現場を見てしまったときも必ず救急車を呼んで差し上げてください。
そうすることで、その方の後の生活の質が一変することになるのです。
どなたにとっても何より大事なのは、命と健康です。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:むちうち, 交通事故

2016.5.11.wed
交通事故にあった時、どんな医療機関に行けばいいの?

もしも交通事故にあってしまったら、まず骨の異常がないかどうかを調べるため整形外科へ行くことが大切です。骨に異常がないことがわかっても、「最初に行った病院だから」と通い続けている方もいらっしゃるはずです。

でも、中には機械的な治療に何となく満足できない、待ち時間が長くてそれだけでも苦痛と感じる方もいらっしゃるようです。

もしも「他の病院や整骨院に切り替えても大丈夫か」という不安がおありの方はご安心ください。
結論から先に申し上げれば、「どの医療機関に切り替えても保険会社はカバーできる」のです。

治療を受けるのは患者さまご本人です。
医療機関も患者さまが選んで問題ありません。
辛い思いをしておられるご本人が納得できる治療が優先されてしかるべき、です。
どうぞ、その旨を保険会社に伝えてください。

このとき、注意するポイントがひとつだけあります。

国家資格である医師(病院)もしくは、柔道整復師(整骨院)でなければ、治療行為として認められません。
民間資格であるカイロプラクティックや整体は、保険でカバーできないのです。

保険が効くのかどうかを確認した上で、希望する治療を受けられるところへ切り替えましょう。
例えば、治療中でも致し方なく職場復帰しなければならないときは職場の近くの整骨院、といった具合です。
極力日常生活に負担にならない場所・時間で治療を受けられる環境を整えてください。

治療する場を確保したら、すぐに保険会社に連絡をしてください。病院や整骨院名と電話番号を伝えれば、それで手続は完了です。
あとは病院や整骨院が保険会社と連絡を取り、治療方法と患者さまの状態を伝えます。

整形外科と整骨院の関係は、大まかに以下の通りです。
・整形外科=レントゲンなど画像診断・骨折の場合は入院や手術・薬剤処方
・整骨院=むちうちなど外科的処置を必要としないもののケア
このように、お互いに補完する関係ですから、患者さまは安心して通いやすい病院・整骨院に通うことができます。

ここでもまたひとつポイントがあります。
「後遺障害診断書を作成できるのは病院」ということです。
思ったように体調が戻らない、というときはこの後遺障害診断書が必要となることがあります。
ここを担保しておくために、病院と整骨院に並行して通うことも大切です。

不幸にも事故に遭ってしまわれた患者さまに不利なことが起こらないよう、こながや整骨院では治療法はもちろん、その手続きについてのご相談もお受けします。
事故対応に強い弁護士など法の専門家とのネットワークも有していますので、患者さまには安心して治療に専念して頂けます。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:交通事故

2016.5.4.wed
交通事故後にレントゲン検査では「異常なし」と言われたけれど、痛みが続いているのは何故!?

交通事故後に、首を動かすと痛い、鈍痛感がある、気分が悪いなどの症状はありませんか?

きちんと病院で検査を受け、レントゲンを撮って「異常なし」と診断されたけれど「なんだか体の不快感や痛みが続いている」などの症状はでていませんでしょうか?
理由が見当たらないのに、不快な症状に悩まされていれる方がいれば、ぜひ知っておいてほしいことを今回はお話します。

過去にも何度かこのブログで紹介しましたが、交通事故に遭遇してしまった場合、とても大切なことは「まずは必ず病院へ行き、精密検査を受けること」です。
理由は後で骨折などの異常が見つかったとしてもタイミングによっては人身事故扱いにならないことがあるからです。
そして実際、レントゲンをきちんと撮り、骨折など何も異常はないのに不快感や痛みが続くことがあります。
この原因として挙げられるのが「むちうち症」です。
むちうち症は、骨の異常ではなく、筋肉や神経、靭帯が傷つくことで起こります。これは骨の異常を映し出すレントゲンに現れないのは、ごく普通のことなのです。

理由が見当たらないのに、不快な症状に悩まされることほど辛いことはありません。
周りの人に理解してもらえない、自分自身でも原因がわからず釈然としない……。
もしそんなお悩みをお抱えならば、わたしたちこながや整骨院のお任せください。

当院ではこれまで多くのむちうち患者さまを診てきました。その経験から、あなたにとってどのような治療が大切なのかを判断します。

まずはお話を聞かせてください。そして、体の辛い部分を見せてください。
痛みをかばうために姿勢が崩れ他の部分に無理をさせているのなら、そのかばう動作をどう避ければいいのかを見極め、アドバイスすることもできます。
体にゆがみが発生しているのなら、それを矯正することもできます。

私たちは、患者さまの辛い痛みを心ごと受け止める整骨院でありたいと思っています。
むしろ、他の人にはわかりづらい辛さであるからこそ、きちんと納得できるまで治療に励んでいただきたいのです。
レントゲンに写らない痛みは、手で触れることでその声を聞くことができます。

誰も分かってくれない、そんな事故後のむちうち症は「手で聞く」プロにお任せください。
ひどいむちうち症では、不眠や倦怠感、めまい、吐き気といった現象もみられます。
症状が重くなる前に、痛みを解消しなければなりません。
お体の状態とお話から、あなたに今一番必要な治療が何なのかを判断し、きちんとご説明いたします。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:むちうち, 交通事故

20 / 40