院長の診察日記

  • 院長の診察日記
  • HOME  >  

2016.8.4.thu
妊娠中に交通事故にあってしまって不安がいっぱい!という方へ

新しい家族を迎える準備をなさっている妊婦さん。
気持ちもウキウキしている時期ですが、体はとてもデリケートです。

こんなとき、もしも交通事故に遭ってしまったら…。

妊娠中でなくても体調不良に陥ってしまうことの多い交通事故ですから、妊婦さんにとってどれだけ大変なことでしょうか。

妊娠中の方にとって、不安なのは
・赤ちゃんへの影響
・気持ちが悪いけれど、むち打ちだからか、つわりなのかがわかりづらい
・レントゲン検査を受けられない
・飲み薬やシップ薬が使えない
・電気治療がうけられない
などではないでしょうか。

そうとなれば、「手で触れて問題の場所を探し当てること」「手で行う治療」がとても大切です。
交通事故であれば、保険の問題もありますから、必ず整形外科で精密検査を受けなければなりません。
そして、定期健診を受けている産婦人科で受診をし、交通事故に遭ってしまったことを伝えてください。

その後は、わたしたちこながや整骨院の“出番”です。

こながや整骨院では、これまでも産前産後の整体治療を行ってきました。
妊婦さんならではのお悩みに沿った治療やアドバイスをしてきましたので、サイトの情報や口コミで遠方からも妊婦さんにいらして頂いています。
この経験は、交通事故に遭われた妊婦さんの治療に活かすことができます。

ここで気をつけてほしいのが、むちうちやだるさなどを感じて、安易にシップ薬を使うことです。
知っておられる方ももちろんいると思いますが、シップ薬にはもちろん薬効成分が含まれています。
その中には、妊娠中使ってはいけないものもあります。

「病院で異常がないと言われたけれど、だるさかがとれない。けれど妊娠中に整骨院には通えるのかな・・・」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

そんな時、簡単に貼れるシップ薬を手にする方も多いと思いますが、妊娠中には禁忌の場合もあるのです。
シップ薬をどうしても使いたい場合は、しっかりと病院・薬剤師さんに相談してください。

一つ、覚えておいてほしいことは、妊娠中でも整骨院に通うことができます。
どんな治療法を行うかは次回のブログで紹介いたします。
ツライ症状に悩んでいるならば、ぜひこながや整骨院へお越しください。

我慢が一番の大敵です。
おなかの赤ちゃんのためにも、不安を早く取り除くことが大切です。
お母さんの役目は出産で終わりではなく、その後の育児期間まで続きます。

残念ながら、病院で積極的な治療を受けられなかったために、体の不調・自律神経の不調を抱えたまま出産に臨まなければならなかった妊婦さんに出会うことがあります。
そのような辛い思いをして欲しくはありません。
お母さんの不調は、赤ちゃんにもストレスとして伝わってしまうかもしれません。
まずは、こころと体の状態を話してみるところからはじめてみませんか。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

 

カテゴリー:交通事故, 妊婦の事故治療

2016.7.26.tue
小さい子どもが交通事故にあったときの治療法

交通事故で経験しがちなむちうちですが、小さい子どもでもむちうちを患うことは以前のブログでお話したとおりです。
子どもの場合、「症状についてうまく表現できないこと」「成長期にあること」の2点から、特に注意を払うことが必要です。 

むちうちに用いる治療法として、電気治療があります。
これはピリピリとした刺激を感じるものですが、ほとんどの子どもがこれを嫌います。
治療法としては有効でも、嫌われてしまえば治療そのものが滞りますからこれは問題です。
このピリピリとした感じを解消したのが、「マイクロカレント」です。
ほとんど何も感じない電気治療ですが、これが子どもの体にはとてもよく効くのです。

人間の体には、生体電流というものが流れています。
自分で自分の体を治そうとして自ら発している電流ですが、マイクロカレントはそれに近いもので、それを外部から流し、細胞を活性化させて神経や筋肉の治りを促進しようとする治療法です。

具体的にご説明すると、
・いわゆる「低周波治療器」と呼ばれるものは数ミリアンペアの電流
・人体が自然に発している電流は数マイクロ~数十マイクロアンペア
です。

人体が発する電流より多少強い、数十マイクロから数百マイクロの電流が「マイクロカレント」なのです。
子どもの体はもともと微弱電流を発しやすく傷の治りが早いので、外部からの電気治療もさほど大きなアンペア数でなくてもよいのです。このことを理解すれば、あのピリピリとした電気治療はさほど重要でないことがわかります。

マイクロカレントは、子どもが本来持っている治癒力を活性化するのにとてもなじみのよいものです。
治ろうとする力を後押しするというイメージを持っていただければよいでしょう。
首のゆがみは、自律神経を乱すこともあれば、ときには視力に影響を及ぼすこともあります。
左右の視力に違いが出ることもあるのです。
このようなトラブルを極力回避するためにも、子どもの体に負担の少ない治療法を選び、しっかりと治してあげることが大切です。

むちうちの一番怖いところは、後遺障害を引き起こしてしまうことです。
大人でもつらいむちうちを、的確に言葉で表現できない子どもに経験させたくないものですよね。
将来の子どもの健康を確保するのも親の役目のひとつです。
子どもの体に優しい、「続けやすい治療」をご提供できるこながや整骨院は、いつでもご相談を承っています。
子育て中・子ども好きのスタッフもいますので、サポート力もあります。
親御さんと一緒にお子さまの体調を取り戻すことに注力いたします。

 

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

 

カテゴリー:交通事故, 子ども事故治療

2016.7.22.fri
小さな子どもがむちうちになった際のセルフケアと注意点

子どものむちうちは、大人のむちうちと同じように、生活の質を落としてしまいます。
首や肩の筋肉の張りにより頭痛やめまい、吐き気を感じていることもあれば、むちうち部分の動きが制限されていることもあります。
交通事故だけでなく、遊びに夢中になった結果、体をどこかにぶつけてしまったために起こるむちうちもあります。
体ごと壁にぶつかった、階段から落下したなど子どもならではの「ぶつけ方」があります。
親御さんなら何度かひやっとされたことがあるのではないでしょうか。

子供は特に頭が身体に比べ大きく重い為、頭がふられぶつけるか、それを支える首を痛めることが多く、たんこぶや痛くて泣く程度で済めば良いのですが、むちうち症状を呈していることもあります。
体ごとどこかにぶつけたときは、まず血が出ていないか確認しなければ、首周りを冷やしてください。
冷やすことは初期のセルフケアに欠かせません。
子どもさんをまっすぐ立たせてみて、肩が不自然に上がっているなら、それはむちうちの症状かもしれません。筋肉の萎縮によって体調不良を感じているかもしれませんので、冷やすことを続けながら整骨院へ行ってください。

大切なのは
・首周りを打ったら冷やすこと
・体のゆがみが確認されたら整骨院に行くこと
・無理に動かさないこと
です。

本当ならば安静にしていただきたいところなのですが、子どもは一旦遊びに夢中になるとじっとしていることが難しいものです。
傷めてしまった首や肩にさらに負担をかけることになってしまいますので、親御さんがお子さんの異変に気づき、まず冷やすこと、そしてしかるべき治療を受けるよう整骨院に連れて行ってあげることが大切です。
子どものむちうち治療に慣れているこながや整骨院は、適切な治療をしながら痛みをとり、安静からリハビリへ切り替えるタイミングを見計らいます。痛みがとれはじめ症状が安定してきたら、動きに制限をかけている関節部分を緩めていきます。
この「安静→リハビリ」への切り替えのタイミングがとても重要です。筋肉組織の回復次第では、安静一辺倒よりも早めに動かし始めた方が治療効果が高いこともあるのです。

首はとても大切な部分です。
各種の神経が通っていますし、子どもの体は成長途上にあります。
間違っても牽引はしないようにし、筋肉を緩めることでゆがみを正してあげたいものです。
子どもの体がゆがんだまま成長してしまうと、思いもよらぬところに不調を抱えた大人になってしまうことも少なくないのです。

子どもの体はとてもしなやかです。体を動かすことでゆがみは“自動調整”されるものではありますが、むちうちだけは別です。
気になることがあれば、子どものむちうちを多く治療してきたこながや整骨院へお越しください。
ご心配事をお聞きしながら、お子さんの回復をお手伝いいたします。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:交通事故, 子ども事故治療

2016.7.15.fri
小さな子どもがむちうちになった際の治療法

小さな子どもが事故にあってしまったとき、ケガや骨折などの治療に終始してしまい、むちうちに気づかないこともよくあるようです。
レントゲンに写らない症状はなかなか把握しづらく、病院に行っても「頚椎捻挫、全治2週間」といった診断を下され、「様子を見ましょう」と言われることが一般的です。
子どもは上手に自分の体の具合を言葉にできないのが“普通”のことです。
だから親が気づき、これから成長してゆく子どもさんの体を、一日も早く不調から立て直してあげなければならないのです。

子どもさんがむちうちになってしまった、もしくはむちうちかもしれないと考えられるときは、事故に遭う前としぐさや機嫌の変化を比較・観察してください。集中力が欠けていたり、頭痛や不眠を訴えていたり、首が変な方向に傾いたままといった変調があればすぐさま首の筋肉の様子を診てもらうべきです。

子どものむちうち治療に通じている私たちは、以下のような治療を行います。
・体の様子を観察し、状態をきちんと把握します
・親御さんにも話を聞き、体調の変化を確認します
・首の周囲を電気やマッサージで治療します(子供でも嫌がらない施術)
・首周りから波及したと考えられる他の部位の緊張を解いていきます
・体調の変化に合わせた治療法を選びます

一番行ってはならない治療は次のようなものです。
・漫然とした電気治療、マッサージ
・子どもさんが嫌がる治療(痛い・ポキポキと音がする)

このような治療は、子どもが嫌ってしまうものです。
治療は、お子さんが通うことを拒否しないことで初めてスムーズに運びます。
嫌われてしまえば、症状が落ち着くまでに時間がかかってしまうと同時に、その不快な症状が固定してしまうことにもつながります。

もしも、病院や整骨院でむちうちの症状が改善しないような気がしたり、体の状態・治療に関して説明がなされなかったり、定型化された治療しか受けられないようなときは、どうぞこながや整骨院にお越しください。

私たちは、指先を通して「体の声」を聞いています。
毎回変わる体調の変化に応じ、その日必要な治療を使い分けます。
今後想定される体の変化に合わせて、治療法のご説明もいたします。
子どもが症状を言葉にできないからといってそのままにしておいてはならないことは、私たちも知っています。
多くのお子さんの治療の体験をしているからです。
子どもの体を守れるのは、親だけです。
お子さんの体の状態と、親御さんの気持ちにまで寄り添う治療を心がけていますので、気になることがあれば一度ご相談におみえください。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

 

カテゴリー:交通事故, 子ども事故治療

2016.7.8.fri
小さな子どもが交通事故でむちうちになった場合の悪影響

小さな子どもでもむちうちになります。
体重そのものが軽いうえに、体がしなやかですのでむちうちになりにくいという特長はありますが、それでも決して「むちうちにはならない」ことはありません。
子どものむちうちも大人と同様、すぐに症状が表れず、しばらく経ってから変化が起こることがあります。
異変を感じたら自分で病院へ行って症状を伝えられる大人とは違い、子どもはそれができません。
そのため、ツライむちうちの症状を抱えたまま長期間過ごしてしまうこともありうるのです。

病院はレントゲンなどの精密検査をもって「異常はありません」とすることがあります。
「お医者さんに異常がないと言われたから…」と、むちうち経験者ならご存知だと思いますが、とてもツライ首の痛み、肩こり、頭痛などを誰にも気づかれずに、子どもがひとりで耐える続けることになります。

「手を上げない」、「片方の手しか使わない」「呼んでもこちらを向かない」、など少しでもいつもと違った様子が見られる場合はすぐに相談、受診するようにしてください。

もしもむちうちとなってしまった場合、子どもにどのような影響を及ぼすのでしょうか。
体が出来上がった大人とは違い、これから成長していく子どもの体は、筋肉や骨が大きく・伸びていく時期にあります。
このような大切なタイミングで、むちうちによって体に強い緊張が残ってしまうと、体がゆがんだまま側彎症になることもありうるのです。

また、首を痛めたことで、視力低下をしてしまうケースもあります。
さらに、睡眠障害やめまい、吐き気など自律神経の乱れから来るつらい症状に日々悩まされ、それが「集中力のなさ」「悪い夢を見る」「夜泣きをする」という体調変化となって表れることがあります。このような症状が“子供だから当たり前”とならないよう、体の動きだけでなく、体調の変化にも気づいてあげなければなりません。

子どもが交通事故にあってしまったとき、大人と同じく、最初に受ける検査で外傷や骨折の有無を確認し治療をします。
それらが治ればそこでおしまいではなく、子どもをむちうち治療に長けた整骨院に連れて行ってください。
レントゲンに写らない筋肉の凝り固まりを確認できれば、その後の治療はスムーズに運びます。

大人と同様、むちうちを疑うときは整骨院が最適です。
症状をうまく伝えられない子どもだからこそ、念入りに症状の観察・治療を続けていただきたいと思います。

子どもにとって大切なのは、親の「観察力」と「治療をあきらめない心」です。
こながや整骨院は、これまでもむちうちに悩むお子さんの治療を行ってきました。
また、子どものいるスタッフもいますので、親御さんと一緒に子どもさんの治療サポートをすることができます。
「おかしいな」と思うことがあれば、すぐにご相談にいらしてください。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:交通事故, 子ども事故治療

2016.7.1.fri
小さな子どもが交通事故にあったあと気を付けるべきこと

小さな子どもが交通事故にあってしまったとき、私たち親がすべきことは何でしょうか。
慌ててしまって何からすべきか迷いますが、まず大切なのは救急車を呼ぶことです。
医師にみせるのが第一段階で、レントゲンなどの精密検査で目に見えない部分のケガや重篤なケガをいち早く発見して手当てすることが大切です。
これは大人と同様ですが、子どもが交通事故にあった場合、決定的な違いがふたつあります。
ひとつ目は、子どもの体は小さく、まだ完成されていないため事故の影響が大きく現れやすいことです。
そしてふたつ目は、子どもは体の異常や不快感を言葉でうまく表現することが苦手ということです。このことをしっかり理解し、事故後の初期対応を間違わないように気をつけてください。

子どもは親の目を離れる時間があります。
それは登下校や遊びに出ているときです。このようなときに起こってしまった事故は親がケアすることができません。だからこそ、道路を歩くとき・道路を渡るときに心がけることは日頃からしっかりと親が教えておくことが大切です。

それでも不幸にして交通事故にあってしまった場合、運転者や居合わせた人の協力で病院のチェックを受けていたとしてもその後のケアはしっかりとしましょう。
例えば、「病院は怖いところ」と刷り込まれてしまい、体調不良をなかなか言い出さないことも少なくはないので、病院から帰宅後も様子をよく見ておいてください。

では注意を払いたい症状をお伝えします。

例えば、
・眠りが浅くなり頻繁に目を覚ます
・神経質になりちょっとしたことでイライラする
・食欲が落ちたり、吐き気を訴えたりする
・体の痛みを訴える
などです。

これらは体の問題であることもありますし、心の問題というケースもあります。事故のストレスを長期間抱えたままでいることは、心を蝕み、精神的トラブルを抱えたまま毎日を過ごすこととなり、こころの発達を著しく阻むこともあるのです。

上記のような状態は、事故後すぐに表れることもあれば、時間をかけて表れることもあります。そのため、「もういいかな」と安易に治療を打ち切ることなく、保険会社と粘り強く折衝し、本当に安心できるまで治療を続けることを宣言してください。これは、親御さんにしかできない大切なことです。

また、交通事故にあった子どもの治療に慣れている病院や整骨院に通うようにしてください。体のケアと同時に、子どもにありがちな表現を見逃さないためです。
私たちこながや整骨院は、これまでに交通事故にあわれた子どもさんを治療してきました。静かにしないといけない病院とは違い、ある程度自由にしていただいても大丈夫なので、子どもさんをお連れ頂くのには最適な整骨院です。
外科的処置が必要な時期が過ぎましたら、どうぞ一度ご相談にお見えください。
これまでの経験から、最適な治療方法をご提案いたします。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:交通事故, 子ども事故治療

2016.6.23.thu
脱臼の後遺症が残ってしまった場合

一度経験すると何度も起こしてしまうのが「脱臼」。
脱臼はどうして後遺症(クセ)になってしまうのでしょうか。

脱臼を起こしてしまうと、関節を構成する軟骨・じん帯、筋肉が傷ついてしまいます。
そして、軟骨の損傷や緩んでしまった靭帯が元に戻らないと、脱臼を繰り返してしまいます。

靭帯は、骨と骨をつなぎとめる役割をしています。
完全固定ではないものの、骨同士が異常な動きをしない程度の制御もしています。
靭帯があるからこそ、ひざやひじなどが正しい方向にだけ動きます。

つまり、この靭帯が正しい機能を取り戻せば、脱臼しやすい状況を解消できるのです。

脱臼が後遺症として残ってしまうのは、靭帯が元通りになっていないケースに多く見られます。
肩関節ならケガ後8時間以内に、股関節ならケガから12時間以内に脱臼を整復することが重要です。
関節を整えた上で、固定して安静を保てなければ「繰り返し」「後遺症」として残ってしまう可能性が高まります。

事故によってひざを前方から打ってしまったときに起こす股関節脱臼は、痛さや可動域が狭まる後遺症が残ってしまうことがあります。
これを放っておくと血行不良により骨の一部の壊死により大変なことになってしまいます。
すぐに治療を始め、壊死のリスクを回避し、関節固定をしなければなりません。

手当てをしても股関節に障害が残ってしまうのなら、人工関節や人工骨頭を入れます。
どんな場合であっても、早期の検査・早期の治療が重要です。

恒常的な痛みが残ってしまったとき、もしくは人工関節や人工骨頭を入れたときには後遺障害等級認定の対象となります。
残念なことに完治しない場合は、後遺障害等級を認めてもらうことで、後々の治療やリハビリに備えなければなりません。

こながや整骨院では、弁護士や司法書士、行政書士とのネットワークを構築しています。
難しい手続からくるストレスは手放し、治療にだけ専念していただける環境を整えています。

交通事故の場合は、まず病院で検査・外科的措置を行い、その後の定期的なリハビリはこながや整骨院へお任せください。
あまり考えたくはないことですが、再発してしまったときの応急処置法についてもお話しします。

クセにならないように行うリハビリについてもご相談に乗ります。

日常の体のケアから、脱臼の後遺症対応・再発防止に至るまで―。
こながや整骨院は「いつでも気軽に立ち寄れる整骨院」として、頼られる存在でありたいと思っています。
気になる症状が表れたら、お早めにご相談ください。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:交通事故, 骨折・脱臼

2016.6.15.wed
交通事故後、きちんと睡眠はとれていますか?

〜事故後の睡眠障害について〜

交通事故によって首周りの筋肉が張っている、もしくは首がゆがんだままにしていると、自律神経に異常をきたしてしまいます。
自律神経が乱れていると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れスムーズな入眠ができなくなります。
交感神経が高ぶり、身体の各機能にアクセルをかけてしまっているのです。

夜自然に眠れないとなると、適切な睡眠時間が確保できなくなります。
これは「眠れない」というストレスだけでなく日中の生活にも影響を及ぼし、急に眠くなる、仕事に集中できないといったトラブルをも引き起こします。
特に車や自転車の運転中に集中力を欠いてしまうと、大変なことにつながることも…。

このような興奮状態は、イライラを伴います。些細なことで感情が高ぶることがあります。
動悸がしたりへんな汗をかくこともあります。交感神経の高ぶりは、睡眠を邪魔するだけでなくさらに患者さんを苦しめるのです。

このような状態が続くと、こころや身体はいつしか疲弊し、ぐったりとふさぎこむ状態につながるかもしれません。
まるで長期間ストレス下に置かれ緊張しきった方が、うつ症状を呈するかのようなイメージです。
夜はゆっくりと眠り、疲れを翌日に持ち越さないことが重要です。

それでなくても事故当時のことを思い出すといやな気分になるものです。
さらに自律神経の乱れによって睡眠の質や時間が低下し、日中の生活にも大きな影響を受けてしまうとなると、いち早くその状況を解消しなければなりません。

首周りには重要な神経が集中して存在しています。
外的に神経の高ぶりを抑制するためには、事故により発生した筋肉の張りをほぐすことが大切です。
健康な方であっても、肩や背中のコリで頭痛や吐き気、めまいなどの症状を感じるのは多いことです。
それほど、この部分はデリケートなのです。
まずはこの首周りの緊張をほぐし、心身両面で開放され睡眠障害を解消することを目指しましょう。

思い出してみてください。健康な時にリラクゼーション用マッサージで身体と心がほぐれその日は良く眠れたという経験をしたことはありませんか。

睡眠は身体の様々な機能(脳・免疫力)を維持するために、そして心の健康を維持するためにとても重要な要素です。
事故でこの睡眠が障害され、日中の生活にまで影響が及んでいるようならば、交通事故の症例をよく知る私たちの出番です。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:交通事故

20 / 40