院長の診察日記

  • 院長の診察日記
  • HOME  >  

2015.11.25.wed
レントゲンではうつらない病気って?

不幸にも交通事故に遭ってしまった場合、
その直後には「しっかりしなくては」、「自分で対処しなければ」と気が張っているものです。

このような、一種の興奮状態にあると、人の身体には交通事故によるケガやむちうちの症状を感じにくいものです。
この緊張が解けて、2~3日後、もしくは1週間後あたりに「痛みが出てきた」とおっしゃる方も少なくありません。
または、治ったと思っていたのに、気圧や気温の具合によって、頭痛や筋肉の張り、全身の倦怠感といった形でぶり返すこともあります。
事故からの時間が経過してしまうと、事故との因果関係を証明することが難しくなり、保険会社との相談がしづらくなるケースもままあります。

このような事務的な難しさを避けるためにも、事故直後から継続して治療に通う必要があるのです。
治療を続けてさえいれば、治療をする側も、患者様のお体の変化に気づくことができますし、因果関係についても確認し続けることができます。
「良くなったような気がする」ということで、ご自分の判断で治療を中断してしまうと、保険会社への説明もしづらくなり、打ち切られてしまうことも少なくありません。
この点からしても、自己判断で「良くなったかも」と治療を中断してしまうことはお勧めできません。

レントゲン

打撲やむちうちといった症状は一旦消えてなくなったとしても、後に自律神経からくる倦怠感が襲ってくることもあります。
わたしたちこながや整骨院では、自律神経を整える治療や骨格矯正といった治療も行えます。
背中、特に肩甲骨周りのもみほぐしや、電気治療器などで通電することで、良好な予後へ導くこともできます。
超短波を使用することで、体の芯から温め、自律神経を整えることも可能です。
身体の深い所を温めることで、よりすっきりとした状態へと体調を整えて行きます。

このような症状・状態は、整形外科で撮るレントゲンには映らないものです。
そのため、なかなか「すっきり!」といったところまでの治療を受けられないこともあるようです。

もしも、骨に異常はないといった状態で
「安静にするように」とだけ言われ、それでも体調がすぐれないときは、是非当院へお越しください。

ご自分での安易な判断で治療を中断すると、保険会社との折衝が難しくなるだけでなく、ご自分の身体の調子が戻らないまま日常生活を続けなくてはならなくなります。
整形外科と整骨院の併用通院が必要なのは、このような点からもとても大切なことなのです。
当院では併用通院を許可してくれる整形外科のご紹介もしておりますので、ぜひその点もご相談ください。
——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:健康保険について, 日常

2015.11.24.tue
歯医者さんとの連携を行っています

ごくまれに「肩こりから歯茎などが腫れる」とおっしゃる方がいらっしゃいます。
または逆に、「歯茎周辺の腫れから肩がこる」とおっしゃる方もいらっしゃいます。
ときには、歯の噛み合わせが悪いために肩こりを発症しておられる方もいらっしゃいます。

また、特に女性の方で顎関節症やあごの痛みや違和感を訴える方で肩コリや首のコリ頭痛が併発している方は思いのほか多いように感じます。
寝ている間に食いしばり(歯ぎしり)があり、寝ている際も肩や首が緊張している様な方もいらっしゃいます。
そのような方のために、わたしたちこながや整骨院では、歯医者さんとの連携を取っています。
信頼のおける歯医者さんをご紹介することもできます。
症状やお体の状態を見せて頂いて、歯が原因と考えられるときはしかるべき歯科へご案内しています。

歯医者

ご自分ではお気づきでない、顎関節症の患者さんも決して少なくはありません。
ご存知の通り、顎関節症とは、「口を開け閉めする時に痛みが生じる」「口が開けにくい」といった症状のことです。
少し前までは、顎関節の問題とされていましたが、最近では顎を動かす筋肉や腱に問題がある方も多いことがわかってきました。

また、それとは逆に、歯の治療中に肩が凝るようになったというケースもあります。
歯科での治療を思い出して頂ければご納得頂けるはずですが、治療台に座り、仰向けで大きく口を開けるというのは、肩や首回りにかなりの負担を強います。
歯科治療が毎日のことともなれば、その緊張状態もかなりのものとなります。
あごの筋肉は、首や肩の筋肉と密接な関係を有していますから、それもまた当然のことです。

このようなときは、あごの筋肉を緩めると同時に、あごの骨の矯正をしたりすると、痛みもかなり和らぐものです。

せっかく歯医者さんで治療をしているのに、他の場所で痛みが発生してしまうと、歯科治療そのものがさらに苦痛を増す結果となります。
歯科治療中のあごや首、肩の痛みを感じるときにも、是非当院へお越しください。

首や肩は、重い頭を支える大事な部位です。
ここにトラブルを抱えてしまうと、お世辞にも快適な日常生活とは言いづらい状況に陥ります。
単なる首の痛み、肩の痛みと思っても、長期間続くようでしたら一度ご来院ください。
そもそもの原因を探り、必要であれば当院での治療を、歯科の分野の問題と推測できればよい歯医者さんをご紹介いたします。

快適ですっきりとした毎日をお過ごしいただくためにも、患者様のお体をトータルにお世話できるよう心がけております。
どんな小さなご心配事でも、どうぞご相談ください。
——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:日常

2015.11.20.fri
スポーツ外傷とスポーツ障害

スポーツで起こるケガは、「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」に大別されます。
病院や整骨院で治療を受ける際には、ここを明確に切り分けておかなければなりません。

まずは「スポーツ外傷」。
これは、一般に言われるケガのことです。
転んだ・くじいた・打ったなど、ご自分でも何が原因なのかがはっきりしているものです。
このような時は、骨折や出血など外科的処置が必要なケースもありますので、外科・整形外科へ行くことが重要です。
レントゲンなどで状態を確認したうえで、手術や外科的な処置が必要なこともあるでしょう。
「打撲やねんざなどの応急処置について」でもご紹介したように、まずは「RICE」という応急処置を行ってください。
応急処置が、治癒までの期間を左右するといっても過言ではありません。

一方「スポーツ障害」は、原因がはっきりとわからないものや使い過ぎや間違った使い方が原因のものを指すことが多いでしょう。
ウォーミングアップやクールダウンがうまくできていない、ご本人の体力に対して無理な負荷を掛け過ぎている、悪いフォームによる負荷の偏りなどが要因です。
ご自分の身体のどこに負担がかかっているのか、身体そのものが叫びをあげているのが「スポーツ障害」と言い換えてもよいでしょう。

スポーツ

また、スポーツ外傷である捻挫や突き指をしっかり治療せずに“最前線”に戻ってしまうと、かばいの動作でフォームが崩れ、後々「スポーツ障害」にまで発展してしまいます。

ご自分の症状について病院や接骨院にうまく伝えるためには、「どのような時に」「どこが」「いつ頃から」「どのように」痛むのかを観察しておいてください。
これらのポイントが揃えば、私たちこながや整骨院でも、必要な施術法や治療機器の判断が付きやすくなります。
時に動作のクセを治すようアドバイスをさせていただくこともあります。

スポーツを長く楽しむためには、正しい身体のケアが大切です。
施術で外部からの手当てをすると同時に、日頃の身体の動かし方のクセを矯正すること、これらトータルでお手伝いできるよう、私たちこながや整骨院では体制を整えています。

楽しくスポーツを続けるために―。
「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」の違い、起こる仕組みを理解し、適切な治療を行うことが何より大切です。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:シンスプリント, スポーツ外傷・障害, テーピング治療, ランナーズニー(ランナー膝), 捻挫, 肉離れ

2015.10.29.thu
突き指について

日常生活やスポーツの場面でよく起こるケガに、突き指があります。
最近ご来院頂いた方は、バスケットボールの練習中に突き指をされたという事でした。

IMG_1980

その方は、土曜の夕方にケガをされ、日曜日に開いている当院を探し当て来院されました。
患部(親指の第一関節)を見ると、少し腫れがあり内出血も見られました。
軸圧痛といって、骨の長軸方向に圧力を加えた時の痛みも出現していました。
骨折も疑われる状態でしたので、整復・固定・アイシングなどの応急処置を行い、月曜日には病院へ行ってレントゲンなどで細かく診断をしてもらうようアドバイスをしました。

診断の結果、軽微な骨折が見られるということでした。
その際、「固定の仕方が素晴らしい!」と誉めれれたとのお言葉をいただき、当院でその後の治療をすることになりました。
当院では少しでも早く治癒が促進されるよう「マイクロカレント」という微弱な電流を流すことで、細胞の修復を促進したり、痛みを軽減させる電療や「超音波」などを使い新陳代謝を促すことなど行いました。
3週間ほどで痛みもほとんどなくなり、バスケットボールの試合にも間に合わせることができたので、私たちも一安心でした。

突き指というと、ケガのなかでも軽い部類と考えがちです。
ですが、骨端のとがっている部分が欠けてしまうことも多く、それを見逃してしまうと指が変形したり、完全屈曲や伸展ができなくなってしまったり、後々まで痛みが続いてしまったりすることもあります。(私も経験者です)
ですから「単なる突き指」で済ませて欲しくないものなのです。
突き指は他のケガと同様にきちんと診断を受け、正しい治療やケアを受けるべきもの、と覚えておいて頂きたいと思います。
いつまでも痛みや違和感を抱えたまま、スポーツを行ったり、日常生活を送ったりするのはそれだけでストレスが溜まってしまうものです。
日常生活の質(QOL=Quality of Life)にダイレクトに直結する手や指は、何より大切にして欲しい部分です。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:スポーツ外傷・障害, 保険施術

2015.10.28.wed
スポーツしながらケガを治す!

当院には運動部の学生が多くご来院いただいております。
そのなかでも「最初に整形外科へ行き、もっと早く治したいので来ました」という学生もいます。
整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらい、「骨には異常がないので、痛みが引くまでスポーツは控えてください」と言われ、
「いつ頃復帰したら良いのか」とか「復帰までどうしたらいいのか」ということは何もなく、湿布をもらっただけで帰ってくることが多いようです。

痛みがなくなるまで安静にし、落ち着いたらスポーツを再開してくださいということだとは思いますが、
実際にスポーツをされている方、特に学生は、「早く復帰したい」「早く復帰しなくてはレギュラーになれない」という思いが強く一日でも早く復帰したいという希望を持っておられます。
痛みがあってもできるものならしたい、というのが願いなのです。
私(院長)もスポーツをしていましたので、その気持ちは良くわかります。
その希望に沿うことが今の私たちの役目だと思っています。
体のケアだけでなく、気持ちに寄り添うことも私たちの使命だと思っています。

私たちこながや整骨院では、極力休みの期間を少なくし、安全を確保しながらプレーの最前線に戻ってもらえるように最善のサポートを行っています。
早い回復はもちろんのこと、可能な限り「プレーしながら治す」ことも目標に据えています。
「ケガをした部分に負担をかけずに出来るトレーニングはどういうものがあるか?」とか「痛みを最小限に、再発を防ぎながらプレーする為のテーピングやサポーターなどのアドバイス」や「運動後の適切なケアの仕方」などを、競技別・個々の状態に合わせてお手伝いをしています。

極力練習を休むことなく治す、ケガや痛みをクリアしながらより高いパフォーマンスを発揮して頂けるようなサポートを行います。

なぜそのケガや痛みが発生したのか、という「原因」を探ることで再発防止を図ることも可能です。
その部分を踏まえたケアを行うことで、極力練習の現場から遠ざかることなく元の状態への復帰を早めることができます。

当院にはインターハイで優勝した選手や甲子園で活躍した選手にもご来院頂いています。このような“実績”の部分もご覧いただければ、安心して通って頂けるのではと考えております。

image1

IMG_1753
ケガや痛みを早く治したい、でも練習からは遠ざかりたくない―スポーツをされている方にとっては、これが最大の願いなのではないでしょうか。
極力このご希望に沿う治療やサポートを行うことが私たちの得意分野です。
整形外科で「痛みが落ち着くまで安静に」と告げられた場合でも、あきらめずに一度ご来院ください。
お体の状態を拝見しながら、精一杯のお手伝いをさせて頂きます。

——————————————————————————————————————-

こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:コンディショニング, シンスプリント, スポーツ外傷・障害, テーピング治療, ランナーズニー(ランナー膝), 捻挫

2015.10.27.tue
間違ったストレッチの方法

ストレッチというのは、単に筋肉や筋を伸ばせばよいというものではありません。
1カ所当たり30秒程度を目安に行います。
この30秒の長めのストレッチですと、筋肉が緩み、可動域が広くなります。
ですが一方で、1カ所当たりのストレッチの時間が短いと、筋肉の瞬発力・収縮力というパワーの面で効果があるいうデータがあります。

そのため、これからどのような動きが必要なのかに応じて、ストレッチも変えなければならないといえます。
運動の種類によっては短めのストレッチをした方が良いかもしれません。
長いストレッチによって、筋肉の瞬発力・収縮力を落とすことを避けるためです。
筋肉が本来持っている力を出し切るためには、短めのストレッチが最適、という訳です。

ストレッチの方法

運動が終わり、体を休めるという時には長めのストレッチをした方が良いでしょう。
長めのストレッチには、筋肉や筋を緩め、疲れた体を元に戻すためのメンテナンスの意味があります。
その時々に応じて、必要なストレッチは異なるのです。

これが最新のスポーツ科学の常識となっています。
ひと昔前までの「常識」が今では「非常識」となるケースも多く、スポーツ科学やスポーツ医学の研究が進むと同時に常識は変わっていくものなのですね。

私たちこながや整骨院では、最新の情報にもしっかりとアンテナを張るよう努めています。。
特にスポーツをなさっている方にとっては、最善のパフォーマンスを出し切るために今何が必要なのかといったアドバイスもさせて頂いております。

どんなスポーツをされているのか、練習や試合のタイミングはいつなのか、今現在の体のコンディションは―このようなご相談にも乗れるよう、最新の情報をもとにアドバイスができるよう準備をしております。
常日頃のコンディションのキープ方法を基本にし、試合に向けてパフォーマンスの向上を実現するための施術やストレッチ法のご指導、生活の仕方へのアドバイスも承っております。
スポーツをなさっている方にも、是非気軽に私たちこながや整骨院にお越し頂きたいと考えております。

このブログの「スポーツ外傷・障害」や「がんばれアスリート!」のカテゴリ記事もご覧ください。
現役のアスリートの方にも通って頂いており、陰ながらではありますがサポートをさせて頂いております。
安心してスポーツにまい進して頂くため、精一杯お手伝いをしているところです。

スポーツをなさっている方にも安心して通って頂ける場所として、私たちこながや整骨院は学びや実践を怠らないよう日々努力していきたいと思っております。

——————————————————————————————————————-

こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:がんばれアスリート!, コンディショニング, シンスプリント, ランナーズニー(ランナー膝), 成長痛, 日常, 骨盤矯正

2015.10.26.mon
少しずつ身体の痛みが和らいできた方の疑問 「いつまで通えばいいの?」「通院頻度はどうする?」

ケガをして、いざ通院を始めると
「どのくらい通えばいいのか」「通院の頻度はどのくらいがベストなのか」といったことも気になると思います。

できれば、週に2~3回からスタートしましょう。
症状が落ち着いてくれば週に1回ほどで大丈夫です。これで痛みが戻ってこなくなればしめたものです。
週に1回で通院して頂き、痛みが解消できたと確認できればそれで通院は終了となります。
その後、コンディションを整えることや、体のゆがみを元に戻すことをご希望であれば、さらに通院してくださる方もいらっしゃいますが…。

患者さまの状態を確認しながら、こちらからもアドバイスをさせて頂きます。
コンディショニングや体の歪み矯正、凝りや疲労の揉みほぐしになると「整体コース」をお勧めします。
整体は週に1回が望ましい頻度です。
体のゆがみも落ち着いて来れば、隔週へと移行します。現状維持できる状態にまで戻れば月に1度。
ここまでくればひと山越えた状況です。
これもまた、患者さまの状態を観察しながらご案内をさせて頂きます。

スクリーンショット 2015-10-26 11.26.52

痛みの治療を目的での通院であれば、当然、痛みがなくなるまで通って頂きます。
「痛みが治まればよい」というお考えなのか、それとも「根本的に治療をしたい」という思いでいらっしゃるのか、これは患者さまのご希望をお聞きしながら、体の状況をお伝えし、ご相談のうえスケジュールを決めて行くようにしています。

痛みが姿勢からくるものであれば姿勢矯正のトレーニングもご提案させて頂きますし、骨盤からくるものであれば骨盤矯正といった手立てを講じることができます。

まずは患者さまの痛みがおちついてくること。これを目標に定めます。
週に1度の施術で痛みが問題ないようになることをクリアすることが第一段階です。
その後は痛みが気になった時に来て頂くのか、もしくは姿勢の問題など根本的なサポートを必要となさるかどうか、相談をしながら治療の期間の目安を決めるように致しております。
まずはご来院頂き、患者さまのお体の状態をみながら、第一段階である「痛みが落ち着く」ところまでを目指しましょう。
その後、ご希望に応じて治療をいったん終了するのか、整体で根本治療を目指すのかを決めて頂ければよいと考えています。

——————————————————————————————————————-

こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:日常

2015.9.30.wed
グロインペイン症候群 治療法と予防法

一度起こすと、何度も繰り返すといわれるグロインペイン症候群。
中田英寿、中村俊輔、ジダンなど名サッカー選手もこの痛みに悩まされていたということです。
一番大切なことは予防ということです。
また、痛みが少しでも出た時は治療も早期にスタートしなければなりません。
再発を繰り返すという少々厄介な性質を持っている以上、起こさない・早い手当てが重要なのです。

グロインペイン症候群が起きてしまう原因は、
・筋や関節の柔軟性の欠如
・体幹と下肢の動きの連動性不足
・骨盤を支える筋力の不足
が考えられます。

これらを総合的に整えることがとても大切です。
そのため、重要視しなければならないのが、体幹の筋肉を強化すること。
日常生活の中に取り入れることのできるストレッチやトレーニングで、体幹周辺をほぐし、鍛えておかなければなりません。

具体的に簡単にできる体幹トレーニングとしては、ヨガマットのような柔らかいものの上で四つんばいになり、右手ー左足、左手ー左足を交互にぐんと伸ばす「ダイアゴナル」とよばれるものや、横になった状態で腕と足の力で体の中心線を水平に持ち上げ、さらに上側の足を肩幅位に開く「サイドブリッジ」など。
その他詳しいトレーニング方法や個人に合わせた指導も行います。

既に痛みが出ているようならば、どうぞお早めに当院までお越しください。

前回の「グロインペイン症候群 原因と症状」でもご説明した通り、どこをどう傷めているのか、その組み合わせは人により様々です。
そのため、対処方法・治療方法が異なります。
まずは正しい判断があって、無理をしない、効果的な治療やストレッチ(体操)が行えるのです。

その方のされているスポーツ、症状に合わせ、最適な治療やストレッチ法を探し出します。
試合の前のコンディションチェックも行っていますので、気にかかることがあれば、何なりとご相談ください。

安心してスポーツを楽しんで頂くために―私どもで行えることを、ご本人と一緒に考えていきますので、どうぞご相談にいらして下さい。

——————————————————————————————————————-

こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:グロインペイン症候群

30 / 45