院長の診察日記

2015.7.30.thu
腰痛に効くストレッチ

腰痛にはいくつかの種類があります。
前かがみになった時に痛いパターン、後ろに反ると痛いパターン、足にしびれが出るパターンと、大きく分けるとこの3つです。

前かがみになると痛い時、とくに足にしびれを感じる方は、ヘルニアが疑われます。
もちろん整形外科でレントゲンやMRIを撮り診断してもらうことが確実ですが、いろいろな徒手検査法によっても推測することができます。
このような方に指導しているのは、体を後ろに反らせるストレッチで、マッケンジー体操というものがあります。

一方、体をそらせると痛いという症状は、背中の筋肉の緊張が強い方によく見られるものです。
一度痛みを覚えると、その痛みを感じたくないがゆえに、更に筋肉の緊張を招いていることがあります。
このような方は、どうぞ前屈のストレッチを試してみてください。
これを、ウイリアム体操といいます。

詳しいやり方は当院にてご指導させていただきますが、その方個人の状態にあった体操やストレッチを正しく行ってもらうことが大切です。

腰痛と一言でいっても、原因は様々です。
それに対応したストレッチで筋肉や筋を柔らかくする必要があります。
ストレッチはあくまでもストレッチですから、無理に行ってはいけません。
身体の筋肉を、良好な状態にもってゆくために実行する柔軟体操であることを忘れないようにしてください。
出来る範囲内で、ゆっくりと、が大切なのです。
お風呂上りなど血行の良い状態の時に、毎日少しずつ、痛みを感じない程度に、が基本です。
筋肉の緊張が腰痛を招いているとお聞きになり、驚かれる方も少なくありません。
腰にトラブルを抱えているのではないか、骨に異常があるのではないか―。
整形外科でレントゲンを取っても異常が見受けられない場合は、筋肉や筋の問題であることがほとんどです。
骨や神経に異常がなければ、積極的にストレッチを行うようにしましょう。

ストレッチ

「整形外科に行ったけれど、特に異常は見つからなかった。それでも腰痛がひどい」とおっしゃる方は、是非当院へお越し頂きたいと思います。
その様な方も珍しくはありません。

ヘルニアがあっても痛みが無い方もいれば、画像上異常が無くても痛みがひどい方もいらっしゃいます。
その様な場合は、丁寧な問診や触診、徒手検査で原因を探っていくことが必要かと思います。

痛みが長く続くほど、かばいの動作や痛みの我慢で筋の緊張が増し、本来の原因が隠れてしまうことも良くあります。

少しずつ、マッサージやストレッチで筋肉を弛め、本来のバランスや筋肉の緊張を取り戻すことによって頑固な腰痛も解消できるものなのです。
「腰」は、にくづきに要(かなめ)と書きます。
立つにも、歩くにも、腰かけるにも―すべての体の動きの中心部分として、大きな役割を担っています。
生活に支障を来たすほどの腰痛になる前に、ストレッチで体を自由にしてあげてください。

——————————————————————————————————————-

こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:ぎっくり腰, 日常

2015.6.17.wed
交通事故治療で整骨院が選ばれている理由

不幸にも交通事故に遭われた際、あなたならどうしますか?
気が動転してなかなか冷静な行動は出来ないかもしれませんが、あらかじめ最低限必要な事を頭の中にいれておけば、後で後悔したり、悩んだりすることを防げるかもしれません。

交通事故に遭ったらまずは警察に連絡をします。(その時に身体の痛みや車の故障が無くても警察への連絡はした方が良いと思います)
その後、自分の契約している保険会社に連絡します。
また相手の連絡先と相手の保険会社も聞いておくとよいと思います。

そして、痛みや違和感が少しでもあれば(なくても念の為)整形外科や接骨院を受診します。
先に接骨院に連絡や来院しても構いませんが「整形外科での診断が必要」と保険会社が言うことが多いので、先に整形外科を受診されることをお勧めします。(当院では整形外科への紹介も行っています)
整形外科ではレントゲンを取り、外科的治療が必要な場合は手術を受けたり、リハビリを受けたりされるはずです。
しかしながら、最近では交通事故のリハビリで整形外科よりも接骨院に来院される患者さんが増えています。
それはなぜでしょうか…?

2013-11-27 14.40.52[400]

まず一番に考えられるのは整形外科よりも手を使った施術(手技)をしっかり行うことではないでしょうか?
当院ではまず手技を一番大切な施術だと考えております。
もちろん整形外科のような電気治療やホットパックなども必要に応じて行いますが、患者さんのその時の状態を手技の中で把握し、何が一番適切なのか常に考えながら施術しております。
また、患者さまとの会話も大事にしますから、「安心できる」「丁寧だ」と感じて頂けるのだと思います。

次に整骨院は、一般の病院よりも営業時間が長かったり、待ち時間が少なかったりという時間的な利便性が考えられます。
私どもでは19時半までの営業ですし、予約も受け付けていますので、待ち時間をなるべく少なく、忙しい方にも通いやすいと感じていただけるよう工夫しています。
午前の部は13:00まで受付ですので、中には仕事のお昼休みにご来院くださる方もいらっしゃいます。
当院は駅から徒歩で約10分、県庁・市役所前バス停から徒歩3分といった利便性から、お仕事帰りや合間にお立ち寄りになられる方も多いのが特徴です。
夕方遅くまで開いていること、予約も取れることは、「通院したいけどあまり休みは取れない」という多忙な方に支持して頂いている証だと感じています。

お勤めをしながら、子育てや介護をしながら病院に通うことを難しく思われ、「これくらいの事なら自分が我慢すればよい」とあきらめておられる方はいらっしゃらないでしょうか。
おどすつもりは毛頭ありませんが、そういう無理が、後々更なる体調不良を招くこともあります。

もちろん整形外科やクリニックで治療を受けられることも良いですが、近所や通勤路上の通いやすい接骨院というのも選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。
患者さんにより身近に感じて頂き、丁寧な施術を行うことが、私どもの使命だと考えています。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:交通事故, 日常

2015.3.17.tue
成長痛(セーバー氏病)

当院にも「成長痛」と呼ばれる痛みを訴えるお子さんがいらっしゃいます。
今回は「セーバー氏病」と呼ばれる「かかとの痛み」についてご説明してみたいと思います。

これは小学校高学年から中学生頃に多い症状です。
つまり、成長期によく見られる障害・痛みということです。

骨も筋肉もバランスよく成長してくれればいう事はありません。
しかしながら、成長期の骨の成長に筋肉の伸びが追いつかず、加えてスポーツで筋肉を疲労させ緊張が強くなると、筋腱が骨を引っぱり痛みが出てしまうということが起こります。

かかとは踵骨(しょうこつ)にアキレス腱ががっちりと固定されている部分です。

ふくらはぎ周辺の筋肉の成長が骨の成長に遅れた場合、ふくらはぎは張りつめてしまい、しなやかさを失います。
これにより、がっちりと固定されたかかとの部分に大きな負荷がかかってしまうのです。
体の構造上、これは仕方のない事です。

セーバー

これを少しでも緩和するために、私たちでは

ふくらはぎの柔軟性を取り戻すためにふくらはぎのストレッチを指導をしたり、
マッサージや超音波を施したり、
運動時の負荷を軽減するためにテーピンングをしたりします。

また、最近は筋膜リリースと呼ばれる筋肉がスムーズに動くことができるように筋肉を包んでいる筋膜にアプローチすることで、だいぶ痛みを和らげることができるようになってきました。

それでも毎日、整骨院へ通うというのも難しいかもしれません。
そのときは、シューズのインソールのかかと側だけ切り取ったものを、それまで履いていたシューズの中に入れ、かかと部分を少し持ち上げることを提案します。

こうすれば、既に張ってしまっているふくらはぎの筋肉を少しだけ緩めてあげることができます。
これでしたら、日々の生活の中での措置として手軽に行えます。
多少の緩和ではありますが、積極的に取り入れて頂ければと思います。

私どもの整骨院では、バスケットやサッカー、陸上などのスポーツをしている子がこのセーバー氏病での痛みを訴えるケースが多いように思います。

それでなくても骨の成長に筋肉の伸びが追いついていないところ、張りつめたふくらはぎの筋肉を使って走り回っているのですから、やはりそれは痛いだろうと感じます。

体の成長のために行うスポーツは良い事ですが、このような症状が現れた時にはできるだけ早い処置を行うようにして欲しいと思います。

おどすつもりはありませんが、ひどくなってしまうとかかと全体が腫れ、歩くことにも痛みを伴うようになり、そうなると、スポーツだけでなく日常生活にも支障が出てしまいます。
そうなる前に、早目の来院、早目の対処を心がけてくださいね。

とはいえ、長い目で見ると、成長による一時的な痛みであり、ずっと痛みが残り後遺症が出るようなものではないので、骨の成長を実感しながらうまく付き合っていく方法を何とか探して行く手助けができればとも思います。

——————————————————————————————————————-
こながや整骨院では、お一人お一人の症状に合わせた施術を行っております。
少しでも体に痛みが生じたり、不調がある場合は、お一人で悩まずにお気軽にお問合せくださいね。

静岡の整骨院・整体・交通事故治療院
こながや整骨院
〒420-0035 静岡市葵区七間町 3-4 七間町ハイム 201
TEL/FAX 054-260-6722

カテゴリー:成長痛, 日常

2014.9.16.tue
女子高生の成長痛について

女の子は高校生くらいになると、体の成長や身長の伸びなどは落ち着いてきて、成長期自体は終わってくる頃ですね。
成長痛というと膝やかかとの痛みが代表的ですが、高校生女子ぐらいになるとそういった痛みよりも、むしろホルモンの影響により体重が増えたり、女性らしい体つきになったりで、今まで出来ていた動きができなくなったり、記録が出なくなってしまったりして、メンタル的な部分も含めてケアしていかなくてはならないのかもしれません。まさに女の子の複雑さというところでしょうか。

女子高生

身体つきが変わるということは体軸やバランスも変わり、中学生の頃と同じ感覚でパフォーマンスしても同じことができなくなってしまったり、トレーニングはレベルアップしているのに記録が伸びなかったりすると、モチベーションも下がり、練習にも集中できなくなったりと悪循環に陥ってしまうこともよくあります。

また、多感な時期ですので悩み事もいろいろ抱え、周りにもなかなか相談できず理解されずにますますの悪循環に・・・ということにならなければいいのですが。

男子の場合はハードに練習をすれば、筋肉や持久力も強くなり、それだけ記録を伸ばしていくことができるのですが、女の子の場合には、ハードな練習自体が体やホルモンバランスによくない影響を与えてしまうこともあります。女子の場合は、体や心の微妙な変化を見逃さず、そのタイミングに合わせたトレーニングとケアが必要になります。

私達も過去の経験と知りうる知識を総動員して女子アスリートにも対応していきますので、悩まないで、気軽に私たちに相談をしてくださいね。

2013-06-13 13.59.56[600]

もちろん、成長痛に多い膝やかかとの痛み、シンスプリントやハムストリング痛、股関節痛などのアスリートに多い痛みには自信を持って施術させていただきます!

カテゴリー:成長痛, 日常

2014.7.24.thu
妊婦さんの整体(産後の整体)

産後の骨盤矯正は是非受けていただきたい整体のひとつです。
産後は骨盤矯正の絶好のチャンス(タイミング)だからです。

妊娠中は胎児の成長とともに分泌されるリラキシンというホルモンの働きで、
骨盤を支える靭帯が緩むので骨盤は広がっていくわけですが、
出産と同時にこのリラキシンが分泌されにくくなり自然に骨盤は締まって元に戻ろうとします。

骨盤 - コピー

このタイミングを利用して骨盤を矯正出来るのは出産後の女性だけであり、
妊娠前より良い状態になることも十分考えられます。
ただし、骨盤が緩んでいる状態というのは体の土台が不安定な状態とも言えるため、
腰痛や仙骨痛、坐骨神経痛なども起こりやすく十分な注意が必要な時期でもあります。

こながや整骨院では骨盤矯正とともに痛みの治療も並行して行えるので、
育児も大変な時期かとは思いますが、ぜひ整体を受けていただきたいと思います。

DSC_2242 - コピー-001

骨盤矯正の時期としては、医師の許可があれば1ヶ月後から可能ですが、
骨盤が安定して締まってくる2ヶ月後くらいがおすすめです。
やはり1ヶ月くらいは出来るだけ安静にしていただきたい時期ですし、
産後の肥立ちというのもこのぐらいの時期だったかと思います。

また、頻度や期間としては、2週間に1回くらいのペースで5回くらいは続けていただきたいと思います。
これは骨盤矯正とともに、妊娠中の特有な姿勢(反り腰)により弱くなった骨盤を支える筋肉や内臓を支える筋肉も鍛えていかなくてはならないからです。

妊娠特有の姿勢とはお腹が重い為、腰を反らせてお腹をつきだし、少しガニ股で歩くような姿勢であり、
この姿勢や歩き方ではお尻周りの筋肉や腹筋、内転筋がうまく使えてない為、弱くなってしまうのです。
そのままの状態で体重だけ元に戻っても、体型が元に戻らず、くびれがなくなり以前のズボンが履けないなどという現象が起こってしまいます。ですから当院では骨盤矯正とともにこの筋肉を鍛えるエクササイズ指導も行っています。

DSC_2251 - コピー

また、赤ちゃんを支える腕の疲労による腱鞘炎や授乳中にのぞき込むような姿勢よる首・肩の痛み、
抱っこによる腰痛なども産後のお母さんに多い痛みで、当院ではお馴染みの治療になっています。

骨盤矯正とともに痛みの治療も当院では行っていますので、育児も大変だとは思いますが、
息抜きがてらぜひ起こし下さい。

当院のスタッフも全員が子育て中なので、同じような悩みを聞いて共感することができると思います。
お気軽にご相談下さいね。

DSC_2172 - コピー

カテゴリー:日常, 産前・産後整体(マタニティー整体)

2014.7.14.mon
妊婦さんの整体(産前の整体)

先日、妊娠30週の妊婦さんから「腰痛がひどくて、どうにかなりませんか? 
他の治療院はどこも受け入れてもらえなくて…」という連絡をいただきました。
当院では妊婦さんの整体もやっていますので、すぐに来院していただき、
施術して何とか辛い症状を和らげることができました。

妊娠期における腰痛は主に姿勢による影響が一番大きく、
特に妊娠後期になると胎児が大きくなりお腹がせり出し、反り腰の状態になります。
反り腰になると腰背部の筋肉は緊張し血行不良が起こり、痛みが起こりやすくなります。
また、お腹が大きくなると腰を曲げる、後ろを向くなどの動作も困難になり、
常に同じ部分に負担がかかりやすくなります。だんだん広がっていく骨盤も不安定な状態になりやすく、
腰や臀部、股関節に痛みが出やすくなります。

胎児の成長とともにリラキシンというホルモンの働きにより骨盤を支える靭帯や腱がゆるみ関節が広がりやすくなります。関節がゆるむということは同時に不安定な状態にもなる為、骨盤を支える筋肉にはより負担がかかる状態になります。特に殿筋群には相当な負荷がかかり股関節痛や坐骨神経痛なども引き起こされてしまいます。
 
しかし万が一の影響を考えると、妊婦さんの治療では鎮痛剤や電気治療が使えません。
この点が他の治療院で妊婦さんの治療を受け入れない理由になっているかもしれません。

当院では産前の施術はすべて手技による整体治療を受けていただいております。
(産後の施術は保険治療も可能です)

DSC_2188 - コピー

骨盤を支える殿筋群を揉みほぐし、反り腰傾向になっている骨盤を整え、
可能な限り緊張や疲労が溜まった筋肉をゆるめるようにしています。
殿筋群が柔軟になりスムーズに骨盤が広がれば、
子宮内の環境が良い状態となり逆子や切迫早産の回避にもつながります。

何をしても腰の痛みや違和感が治まらないようであれば、産婦人科への相談をおすすめしますが、
そちらで異常がないようならば産前整体を試してみる価値があると思います。

産前整体のできる女性スタッフもおりますのでお気軽にご相談ください。

DSC_2251 - コピー

カテゴリー:日常, 産前・産後整体(マタニティー整体)

2014.4.28.mon
成長痛について

成長期の子供が訴える「膝の痛み」。部活をしている学生であれば、怪我や打撲が原因かもしれませんが、もう一つ原因として考えられるのは「成長痛」です。

成長痛とは成長期特有の痛みで、男子の場合は中学生から高校生にかけて、女子の場合は少し早くて、小学校高学年から中学生にかけて、身長が急激に伸びる時期に発症しやすい痛みです。多くは膝の痛みで、10歳くらいの男子で走ることが多い場合は踵を痛がったり、高校生は腰を痛がったりというケースもあります。

2013-05-02 13.49.03 - コピー

成長痛が発生する一般的なメカニズムを簡単に言うと、急激な骨の成長に、筋肉や腱の伸びが追いつかないという状況になり、筋肉や腱が付着している骨の部分に牽引力が働きう民が発生するということです。骨と筋肉の綱引きによって、付随している腱や骨の付着部に炎症が生じて、痛みになる。まさにこれが成長痛なのです。そのために、成長痛が起こるのは、スポーツをしている子供だけとは限らないのです。

ただ、成長痛の発症率としては、スポーツをしている子供の方がどうしても高くなってしまいます。跳躍やボールを蹴ったりするスポーツや、激しい運動を繰り返していると発症しやすくなると言いますが、とくにサッカーやバスケットボールをしている子供に多いようです。
同じような動きの繰り返しで、特定の部位の筋肉だけが強く硬くなってしまうと、さらに痛みは増してきます。スポーツをする子供の方が成長痛を発症しやすいのは、このような理由によります。

もしお子さんが成長痛になったと感じたら。激しい運動をなるべく控えることが大切です。そのまま運動を続けると、骨や筋肉に異常が出てしまったり、痛みがさらに強くなってしまったりすることも考えられます。出来るだけ早めに、医療機関や整骨院などで診察を受けることをおすすめします。硬くなった筋肉をほぐし、テーピングをすることでも痛みは徐々に緩和していきます。運動後には、太ももなどの筋肉をアイシングしたり硬くなった部位の筋肉をストレッチすることも、痛みを和らげるには効果的ですね。そのあたりの適切なケアの仕方もご指導しています。

親だけではなく、スポーツの指導者の方にも、この成長痛を十分理解していただけると嬉しいですよね。子供の健やかな成長は、地域全体で見守りたいものです。

こながや整骨院は、スポーツトレーナーの資格をもつ柔道整復師がおりますので、様々なスポーツに合わせた指導をしながら体のケアを行うことができます。安心してお越しください。

カテゴリー:日常

2014.3.31.mon
テーピングの新しい効果「カラーセラピー」

皆さんは好きな色や、ご自身のラッキーカラーはありますか?

赤を見ているとテンションがあがる!ピンクの服を着ているといい事が多いかも?…など、覚えがあるのではないでしょうか。実はテーピングも、自分の好きな色を選べる時代になってきました。

2014-02-17 13.53.43

「テーピング」とは、怪我の予防や動きの矯正や筋肉のサポートなど様々な目的で利用されていて、今やスポーツをする人にとっては欠かせないモノになりつつあるのではないでしょうか!?
テーピングは、今まで目立たないように肌色のものが多かったのですが…最近のテーピングでは、あえて「赤」や「ピンク」「紫」「黄色」といった、色つきのものが登場しています。

このカラーテーピングには、従来のテーピングのような効果だけではなく、色がついている事によるカラーセラピー効果が期待できるんです!例えば「赤」は、交感神経を刺激し、気持ちを活発にして、血行を良くする効果があったり、逆に「青」は副交感神経を刺激して気持ちを落ち着かせる効果があったりと、メンタル面にも効果を発揮します。

近年、スポーツは技術面のみではなく、メンタル面にも重きが置かれるようになってきました。そんな中で、テーピングにもカラーセラピー効果を期待できる、色つきのものが出てきたというのは、なんだか時代に追い付いてきた!という感じがしますね。メンタル面に使える例としては、たとえばチームでテーピングの色を決めて勝負に臨み、結束力を高めたり、その日のコンディションで色を選び、自分の気持ちを高めたり、さまざまなシーンで活躍してくれると思います。

また、単に色がついただけではなく、素材の面でもぐっと改善されていて、昔のテーピングは綿で織られていたのですが、今は化学繊維で織られた素材も登場しています。化学繊維で織られたテーピングは伸縮性が高く、より均一に力を発揮してくれます。また、撥水性も良くなりかぶれにくくなります。
スポーツ製品は、どんどん進化しています。走りやすいシューズが開発されたり、高速水着が開発されたり、空気抵抗を軽減するウエアが開発されたり…。同じように、テーピングなども、日々進化しています。

メンタルという要素も加えた新しいカラーテーピングをぜひ試してみてください!!

カテゴリー:日常

4 / 6